Column

カシミヤ混ウォーマーの素材

触れるだけでしあわせを感じる、吸い付くような肌ざわり。厳選されたカシミヤを60%、オーガニックコットンを25%、シルクを15%の黄金比率でブレンドしたプレミアムな素材で、モンゴルに生息する黒カシミヤ、赤カシミヤ、ホワイトカシミヤなど自然のカシミヤ山羊の毛を刈り取り、中国折江省のペニーシルクとインド産のオーガニックコットンをブレンドして作られています。(コットンはニューメキシコ州のスーピマ綿の場合もあります)この三種のブレンドにより、冬は暖かく夏は湿気を発散させ、軽量で速乾、一年を通してお使いいただけます。赤ちゃん肌のように柔らかく、空気のように軽い糸です。

カシミヤ山羊

UVカット効果も
太陽の光線には私たちの目に見える可視光線の他に赤外線、紫外線、X線、ガンマ線などが含まれています。地上に届く紫外線は波長の長いα波と波長の短いβ(ベータ)波がありますが、近年、オゾン層の減少で体に悪影響を及ぼすβ波が増えています。南極のオゾンが1%破壊されると3%の紫外線(β波)が増えるといわれています。このカシミヤ混の商品に使用されているシルク(シルクを構成するフィブロインというタンパク質)にはこのβ波を吸収して熱に変えてしまう能力があり、シルク15%の混率で(公的な試験機関のテストデータで)93%のUV遮蔽率を取得するなど、風合いが優しいだけでなく、人体を有害な紫外線から守る万能な素材になっています。

カシミヤ山羊 特有の毛「ケンピ」について
ブラウンカシミヤが全体の60%を占めるため、オーガニックコットンとシルクとの混紡により全体として自然のやさしい茶系の色みに仕上がっています。ただ、カシミヤ山羊の毛には少し毛質が違う「ケンピ」と呼ばれるものが毛があり、人の髪の毛とよく似ているため「髪が入っている、異物混入ではないか」と勘違いされることがあります。目立つケンピは、皆さまにお送りする前に検品してこちらで抜くようにしていますが、細い内側の毛に絡み合っている場合も多く、きれいに取ることができないこと、そして これは天然の動物の毛を使っているからこそゆえに入っているものですので、もし混入している場合はご理解いただけたら幸いです。
この毛が赤ちゃんにも良くないということもありませんので、安心してお使いいただけたらと思います。

グリュクントグーテでは、「カシミヤ混ウォーマー」と「カシミヤ混リスト&ウォーマー」に この素材を使用しています。伸縮糸は1%以下。とても気持ちのよい素材なので是非一度お試しいただけたらうれしいです。